しくじり妊活から学んだこと①

私がヨガインストラクターを

目指したのは

「10代から憧れていた職業だった。」

という単純なきっかけが

影響しています。

 
 
 

それともうひとつ、

【ヨガは妊活になるのでは!?】

という個人的な目的のため

学びをスタートさせたのでした。

 
 
 

それまでも遊びに毛が生えた程度で

ヨガスタジオに通っていましたが、

インストラクターを

本当に目指し始めたのは

35歳過ぎてからです。

 
 
 

34、35歳は私が妊活を

はじめた年でした。

こんな流れです。

 
 

不妊治療始める

人工授精で妊娠判定後、流産

転職を考える

妊活開始

(ヨガインストラクター目指す)

 
 

この流れからも

お分かりになるように、

そもそも妊活の土台作りを

流産後に始めました。

それまでどこか妊娠は他人事でした。

 
 
 

流産してはじめて

このままじゃダメだ。

妊娠できない。

 
 
 

そう本能的に思い、

この状況をなんとか

変えたいと思いました。

 
 
 

ヨガを心身調整のための

手段として捉えるように

なっていました。

 
 
 

妊活を始めた頃の環境をここから

ツラツラと長々書き上げます。

から

までは

いかにダメな生活だったか、

書いている部分ですので

「これじゃあ、ダメよね〜」と

呆れる方もいらっしゃると思います。

 
 
 

書いておいてなんですが、

読み飛ばしてくださる方が

多いといいなぁと思っています。

では、

ツラツラ始めます。

 

34歳の私は

アパレルメーカーで勤務、

中小企業の中堅社員でした。

全国各地を飛び回り、

出張が多かったです。

 
 
 

「男性に負けたくない!!!」

という謎の闘争心と共に

仕事をこなしていたのでした。

 
 
 

片道1時間30分かけて通勤、

1日に1〜2時間の残業は当たり前、

展示会前は終電まで資料作りし、

早朝出勤。

繁忙期は閉店後の百貨店さんで

商品や什器の搬入など

力仕事をしてました。

 
 
 

いろいろ任せていただき

やりがいのあるお仕事でしたが、

あの頃は自分のことを過信して

無理していたと思います。

 
 
 

心の中は毎日イライラして、

仕事仲間に愚痴を吐き出し、

たまに会う友達にも

よく聞いてもらってました。

 
 
 

食事にも気を配っていませんでした。

濃い味、揚げ物大好きだったし、

いろいろな添加物も

たっぷり入っていたはずです。

 
 

朝一番で栄養ドリンクか缶コーヒー。

休憩中はスナック菓子と炭酸飲料。

小腹が空いたらチョコレート。

残業には栄養ドリンク。

 
 

イメージ写真は

大好きな

「デ・ニーロ神保町さん✨」

肉、チーズ、お酒❤️

(今でも時々いただきます!)

 
 
 

疲れた時はsweets〜!

と、ご褒美タイムが多すぎでした。

(キルフェボンのタルト❤今も大好き)

 
 
 

早く帰れる〜♫時は

ご褒美と称して

ウィンドゥショッピング。

(結局何か買う・・・)

 
 
 

そうそう、お酒の席にも

誘われたら参加するし、

自分から誘うこともありました🍻

 
 
 

毎朝、起きると

体はだるく重い・・・

今思えば

体は完全に悲鳴をあげてました。

(これがトドメで脱毛症も

改善しなくなった気がします)

 
 
 
 

この生活、

結婚している状況です。

今振り返ると、ゾッとします。

主人に申し訳ないことをしていました。

優しい言葉、思いやりのある行動

なんて、できてませんでした。

 
 
 

その頃、主人も帰りが遅く、

私が帰宅後、一応

夕食を作っていましたが、

親子丼、炒め物、味噌汁程度です。

 
 

あの頃一体何

食べてたんでしょう・・・。

(記憶がうっすらしかない!)

 
 
 

随分と

自分勝手な働き方をしていました。

自らの心身と向き合わず

過酷な状況へとわざわざ

進んでいくような

無謀な生き方だったと思います。

 
 
 

幸せになるために

一生懸命働いているつもりが、

気がついた時には

 
 

心はいつも何かに追われ

焦っていて戦闘モード。

 
 

体は疲れているのに

漢方や栄養ドリンク

なんとか動いていた状態でした。

 
 

 

以上、

ダメっぷりお付き合いいただき、

ありがとうございました。

 
 
 

慌ただしい生活の中、

不妊治療を始めてしまったのです。

 
 
 
 

上司に相談して

年齢的なことも考慮してくださり、

職場の皆さん

大変な中、ご協力くださいました。

とても感謝しています。

 
 
 

有給休暇分を調整させてもらい

病院通いし、

人工受精で妊娠判定が出るも、

結局、8週で

心拍も確認することなく流産。

 
 
 

今思えば

うまくいくはずないのです。

(この辺りの内容はまた詳しく書きたいです)

 
 
 
 

これはまずいと思い、

まずは自らを整えていきたい!

と真剣に始めたのがヨガでした。

 
 
 

おバカ主婦もここから

少しずつ、

少しずつですが、

好転していきます。

 
 
 

今日はここまでにして

最後にちょうどいい写真を

見つけてしまったので

貼り付けます。

 
しくじってた時に気づかず撮ってた
しくじり写真

 

神様のいたずらとしか思えない!!

 
 

# ヨガインストラクター

# ヨガインストラクターの妊活

#妊活

# 妊活ヨガ

# しくじり写真

#しくじり妊活

#40歳妊活

コメント

タイトルとURLをコピーしました