しくじり妊活から学んだこと②

〜妊娠成立は思ったより難しい。〜

 

34歳から妊活を始めた私は

初めての不妊治療、妊娠、流産を

経験し、ようやく

現実と向き合うことになりました。

 
 
 
 

そもそも私は妊娠できる体制を

整えられていたのだろうか。

自分が対処できることはなんだろう。

 
 
 

「しくじり妊活から学んだこと①」

でご紹介したストレスフルな働き方、

ダメな食生活、その環境を

変えるようと、退職を決意しました。

 
 
 

プライドを持って

お仕事させていただいた約12年、

お世話になった方との最後の

ご挨拶は寂しかったですが、

あたたかい言葉をいただきました。

今でも感謝の気持ちでいっぱいです。

 
 

(※お世話になった

デザイナーの皆さんと❤️)

  

 
 

〜今できることは何?〜

 

まずは環境を変えました。

お仕事の引き継ぎ期間を経て退職。

 
 
 
 

さて・・・

その頃の私は36歳です。

妊活の一環として

自らを整えることを選択したのです。

 
 
 

まずは睡眠時間の確保。

在職中は4,5時間だったのを

7,8時間に。それ以上の日も

あったと思いますが、

目覚まし時計を気にせず

眠れる環境に感激しました。

 
 
 

食事も自炊できるので、

野菜が多くなりました。

 
 

睡眠がしっかりとれると、

習慣だった朝の

栄養ドリンクと缶コーヒーが

必要なくなりました。

 
 
 

おやつと、お酒は

この後まだ時間がかかります!

 
 
 

食生活の変化と睡眠時間。

ヨガをスタートさせた

おかげもあり

 
 

体のコリが楽になったり、

呼吸をゆっくりすると

心が落ち着いたり、

実感できる変化を感じていました。

 
 

体調はハッキリ

好転してきてます。

 
 
 

〜夢中になる〜

 

さらにヨガの学びの時間は増え、

体への意識は高まっていきます。

ヨガのアーサナ(姿勢)に

夢中になり、没頭していきました。

 
 
 

もう楽しくて楽しくて

大人になってから

こんなに夢中で勉強できることに

出会えたこと、この環境に

心から感謝しました。

 
 

(※ヨガを本格的に

はじめて間もない時)

 
 

ヨガとの出会いで

それまでのストレスフルな

生活から救われ、

重荷が降りたよう楽になりました。

 
 
 
 

あれあれ、なんとなく

妊活から遠ざかってない?

実はそうなんです。

 
 

この頃、

「妊活疲れ」してました。

こんな言葉あるのかわかりませんが、

 
 
 

不妊治療に関して

心の奥底で

「本当に妊娠できるのだろうか」

と半信半疑でいたのでした。

 
 

(※旧姓ハギワラです)

 
 

環境は整えたけれど、

心が追いつかなくて、

覚悟ができていない状態、

やはり

まだまだしくじり妊活中

なのでした💦

 
 

もう少ししくじります。

                     

# ヨガインストラクター

# ヨガインストラクターの妊活

#妊活

# 妊活ヨガ

# しくじり写真

#しくじり妊活

#40歳妊活

#妊活疲れ

コメント

タイトルとURLをコピーしました