妊娠判定の日

今日は待ちに待った妊娠判定の日でした。

体外受精、胚移植後の10日間とても長く感じました。

 

胚移植前から始めていた

エストラーナテープで肌がかぶれはじめていたし、

ルテウム膣用坐剤は、

体がほてるし、日中よく眠気に襲われいました。

でも、

ベイビーに会えるならそんなことはへっちゃら!

という気持ちでした。

 

 

9時に採血をしてもらい、

待合室で検査結果を待ちました。

 

 

結果は

陰性。

妊娠していませんでした。

 

 

私は、これまでの体のだる重い感覚で

すでに妊娠したも同然の気持ちでクリニックへ行ったので、

思わぬ所でハシゴを外されて一瞬頭が真っ白でしたが、

その10秒後には

次の治療についてのお話が始まっていて、

冷静に聞けたと思います。

 

 

私が唯一質問できたのは

私: 「より良い受精卵を選んでいただいたのに、

    なぜ着床できなかったのでしょう?」

 

さらに

私:「人工授精や自然妊娠では受精卵が原因で

   着床できないことが多いと聞きますが・・・」

 

先生:「何ででしょうね。

    ・・・年齢もあるかもしれませんが・・・わかりません。」

 

私: 「そうですね。わからないものですね。

    猫を飼っているのですが、トキソプラズマの検査をした方がいいでしょか?」

 

先生:「猫を飼われている方は、やる方が多いですね。今日やりましょうか」

 

 

次回に伺う日を決めて、診察室を出ました。

 

 

主人に陰性だったことをメールで伝え、

すぐに返信が来たけれど、

その場で見ることができず、そのうち採血でまた処置室へ。

 

 

トキソプラズマの採血をしてくれた看護師さんは

私がこっそりいちばん優しいと思っている方でした。

お互いに何も話さないけれど、看護師さんはいつもより丁寧に、

採血の手順を踏んでくれているような気がしました。

 

血が管を通っているのが見えてから

自然と涙が出てきて「あぁダメだったんだ」

と自覚できたように思います。

 

看護師さんは気がついていたけれど、

特に声をかけず、そのまま処置を続けてくれました。

待合室では、泣いたこと隠せていたと思います。

こんな時、マスクって便利なんだなと思いました。

 

 

お会計を済ませ、クリニックのトイレで

涙を拭いて、外に出ました。

落ち込んで過ごすにはもったいないと思えるほどの良い天気。

 

主人からは、悲しいねという言葉と、

前向きな言葉が送られてきていて、

同じ気持ちでいてくれることに感謝しました。

すぐに電話したいと思いましたが、

お仕事中なので自粛しました。

 

 

明日は次の治療のための漢方のお薬の処方箋を受け取りに

またクリニックへ行ってきます!

 

#体外受精

#不妊治療

#胚移植

#妊娠判定

コメント

タイトルとURLをコピーしました